2008年04月01日

これからFXを始めるならFXMJがお勧めです。

貯蓄の金利の低下して、資金は運用しなくてならないといわれ久しいものの、何から始めたらよいか?どうすればよいか?と考えている方もいらっしゃると思います。

よく聞く、FXを始めてみたいけれども、FXってよくわからない、外貨投資は難しいリスクが怖いなどと考えている方もいらっしゃると思います。

そんな方には、FXMJがお勧めです。

今、もっとも人気があり、話題となっているFXMJ。

FXMJは、為替初心者の方でも安心して利用することができるしくみをたくさんもつFX商品です。

オンラインセミナーでは、FXMJの基本的な使い方から、多彩な注文方法をわかりやすくご紹介。

オリジナル活用ガイドのページでは、FXMJの特徴であるSpotBoardの機能を余すことなく紹介してあります。

そして、FXMJのサポートは、24時間、初心者でも安心して、外国為替証拠金取引の基礎はもちろん、どんな些細なご質問でも、気軽に問い合わせることができます。


FXMJに興味をもたれたらこちら
信託保全と24時間サポートで安心の資産管理『Spot Board』


何もしなければ、何も始まりません。
FXへの第一歩をFXMJから踏み出してみませんか?

スポンサードリンク

2008年03月31日

FXプライムについて

伊藤忠商事グループが提供するFXサービスがFXプライムです。
FXプライムは、お客様が安心してお取引することをもっとも重要視したサービスです。
安定したシステムの構築を行い、情報セキュリティー対策も最重要視しています。
また、お客様のメリットを第一に考え、質の高いマーケット情報を
提供したり、取引手数料を無料(0円)とするなど、とても、お客様の立場に立ったサービスを展開しています。
このFXプライムについて、説明しているのが
FXプライムについて
です。
FXプライムの利点や便利なところ。またクチコミ情報などを集めて、解説しています。
特に定評があるのがシステムの安定性。
アクセスが集中しているときにでも、利用者がストレスを感じることのないシステム環境を
提供しています。
また、初心者にも優しいところがたくさんあります。
売り買いのタイミングもマーケット情報をタイムリーに配信しているため、
わかりやすい解説を元に決めることができます。
また、突然の相場の変動にも対応しています。
初心者だと、このあたりも、迷ってしまう点だと思います。
FXプライムなら、独自のプライシングシステムにより、相場が乱高下する場合においても、
安定したプライス提示を実現してきまいた。
それが2003年からずっと運用してきている、伊藤忠商事グループのプライムFXです。

スポンサードリンク

2007年09月01日

フラット35

今日は、フラット35の参考サイトの説明です。
フラット35は、35年間という長期のローンを組むにあたって、
非常に優れたローンです。
このフラット35の最大のメリットは、35年間の固定金利という
ことです。
固定金利のため、他の変動金利や短期のローンに比べると
金利は高めの設定です。
しかし、35年間の返済額が金利に左右されずに計画できますので、
資金計画はとても立てやすいものとなります。

また、今後は、金利が高くなる傾向にありますので、
フラット35は、ますます有利になる傾向です。

しかし、金利が低くなった場合は、どうするべきでしょうか?

これは、固定金利なので、金利が全体的に低くなった場合の
リスクは常に織り込まれてしまいます。

しかし、フラット35は、繰り上げ返済の手数料が無料です。

繰り上げ返済を実施すれば、金利を低く抑えることができますので
少しは、対応可能となります。

このように、フラット35は、通常の固定金利のローンに比べても
非常に優れた住宅ローンということができるでしょう。

フラット35について、もっと詳しく知りたい方は、
以下のサイトで、詳しく説明しています。

フラット35なら



是非、参考にしてください。

スポンサードリンク

posted by ken at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説

2007年08月25日

MONEYKit ベーシック(ユーロ)のご紹介

勝手にリスクレベル=>7
勝手にリターンレベル=>2
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

国際債権を投資対象とするファンドです。
安定性を重視したものが一般的で、ローリスク・ローリターンを狙ったものが多いのが
特徴です。信用度の低い社債を投資対象にするものもありますが、これには、
信用リスクが伴います。MONEYKit ベーシック(ユーロ)の続きを読む

スポンサードリンク

2007年08月19日

MONEYKit ベーシック(米ドル)のご紹介

勝手にリスクレベル=>7
勝手にリターンレベル=>2
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

国際債権を投資対象とするファンドです。
安定性を重視したものが一般的で、ローリスク・ローリターンを狙ったものが多いのが
特徴です。信用度の低い社債を投資対象にするものもありますが、これには、信用リスクが伴います。
MONEYKit ベーシック(米ドル)のご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

2007年08月13日

MONEYKitベーシック(円)のご紹介

勝手にリスクレベル=>1
勝手にリターンレベル=>1
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

国内債券に投資するファンドがあげられます。安全性を重視、リターンは少ないが
リスクもすくないのが特徴です。
国債を中心としていますので、国内金利が上昇すると
基準価格が下がるタイプ(債券ブル型)、
上昇すると基準価格が上がるタイプ(債券ベア型)などがあります。
MONEYKitベーシック(円)のご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

2007年08月08日

ブラックロック・ゴールド・ファンドのご紹介

勝手にリスクレベル=>10
勝手にリターンレベル=>8
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国の株式を中心に分散投資するタイプです。
国際株式型と呼ばれることもあります。
国際株式型の投資信託の特徴は、
・投資対象が一定の国や地域に特化していないタイプのものは、地政学リスク(政治と地理的条件によるリスク
 戦争や大災害により、景気が悪化するリスク)が低いといえます。
・世界中の金鉱株に投資するファンド、世界中のマルチメディア銘柄に投資するファンドなど、テーマを
 持ったファンドを購入することができます。
・アジア・インドなど地域ごとに特化したファンドもあり、地域に特化したファンドを購入することが
 できます。ブラックロック・ゴールド・ファンドのご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(2) | 投資信託について

2007年08月02日

ブラックロック・USベーシック・バリュー・オープのご紹介

勝手にリスクレベル=>11
勝手にリターンレベル=>8
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国の株式を中心に分散投資するタイプです。
国際株式型と呼ばれることもあります。
国際株式型の投資信託の特徴は、
・投資対象が一定の国や地域に特化していないタイプのものは、地政学リスク(政治と地理的条件によるリスク
 戦争や大災害により、景気が悪化するリスク)が低いといえます。
・世界中の金鉱株に投資するファンド、世界中のマルチメディア銘柄に投資するファンドなど、テーマを
 持ったファンドを購入することができます。
・アジア・インドなど地域ごとに特化したファンドもあり、地域に特化したファンドを購入することが
 できます。ブラックロック・USベーシック・バリュー・オープのご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年07月31日

三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドのご紹介

勝手にリスクレベル=>11
勝手にリターンレベル=>8
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国の株式を中心に分散投資するタイプです。
国際株式型と呼ばれることもあります。
国際株式型の投資信託の特徴は、
・投資対象が一定の国や地域に特化していないタイプのものは、地政学リスク(政治と地理的条件によるリスク
 戦争や大災害により、景気が悪化するリスク)が低いといえます。
・世界中の金鉱株に投資するファンド、世界中のマルチメディア銘柄に投資するファンドなど、テーマを
 持ったファンドを購入することができます。
・アジア・インドなど地域ごとに特化したファンドもあり、地域に特化したファンドを購入することが
 できます。三井住友・ニュー・チャイナ・ファンドのご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 投資信託について

2007年07月26日

フィデリティ・グローバル・ファンドのご紹介

勝手にリスクレベル=>10
勝手にリターンレベル=>8
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国の株式を中心に分散投資するタイプです。
国際株式型と呼ばれることもあります。
国際株式型の投資信託の特徴は、
・投資対象が一定の国や地域に特化していないタイプのものは、地政学リスク(政治と地理的条件によるリスク
 戦争や大災害により、景気が悪化するリスク)が低いといえます。
・世界中の金鉱株に投資するファンド、世界中のマルチメディア銘柄に投資するファンドなど、テーマを
 持ったファンドを購入することができます。
・アジア・インドなど地域ごとに特化したファンドもあり、地域に特化したファンドを購入することが
 できます。フィデリティ・グローバル・ファンドのご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。