2006年10月30日

投資信託購入の手順(購入場所)

1.購入場所
投資信託の購入場所は、各金融機関(証券会社投資信託会社銀行生命保険会社
損害保険会社等)で購入することができます。
しかし、商品により、取り扱っている金融機関金融機関会社が限定されます。
どのような、商品を購入したいかを決めて、金融機関を選ぶことが必要となります。

スポンサードリンク

posted by ken at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2006年10月29日

投資信託の購入方法

投資信託は、証券会社銀行投信会社保険会社などで販売されています。
実際に購入するにあたっては、まず販売会社に口座開設する必要があります。

口座開設については、店頭もしくは郵送で行うことができます。
店頭であればその場で、郵送であれば一週間ほどで口座開設が完了します。
その後は購入資金を振り込めば、いつでも購入が可能となります。

スポンサードリンク

posted by ken at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

投資信託の始め方

近年、銀行や郵便局でも投資信託が購入できるようになり、投資信託は、ずいぶん身近なものと
なってきています。
簡単に、投資信託について、おさらいしてみましょう。

投資信託は、長い間続いていた低金利やネットを利用した株式投資に代表されるように、
一般の人による投資家への関心の高まりから、注目されてきている投資商品の一つです。

投資信託投資家から集めた資金を1つにまとめ、運用のプロが債券株式などで運用し、
運用成果に応じて収益を分配するという金融商品です。

しかし、投資信託は、元本保証の商品ではないため、リスクを伴う商品です。

運用がうまくいけば預貯金以上の収益を得ることができます。
そして、この運用成果は、一定ではありません。
そのため、収益も変動します。
一方で運用がうまくいかなければ元本割れすることもあります。
運用する際には自己責任が求められます。

預貯金との違いは、運用するために、運営経費がかかったり、購入時や解約時に
手数料がかかる場合もあります。

運用成果は、分配金預貯金利息相当分)として、投資したお金の割合に応じて
投資家に還元されます。
これは、預貯金利息に相当するものです。
この分配金は、基準価額に上乗せされる場合や、口数の分割という形で還元されます。

スポンサードリンク

posted by ken at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。