2007年05月22日

フィデリティ・日本小型株・ファンドの紹介

勝手にリスクレベル=>10
勝手にリターンレベル=>9
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として国内の株式を中心に分散投資するタイプです。
国内株式型と呼ばれることもあります。
国内株式型の投資信託の特徴は、
・日本国内の株式組入れ比率が高いため、日本国内市場のパフォーマンスと連動しやすい
・株式投資では、手を出しづらい小型株、すなわち、成長性は魅力でもリスクの高い
 株などに投資したい場合、リスクを抑えつつバランスよく買うことができる
・株式投資には少し抵抗のある方でも、リスクが抑えられているため、買いやすく、
 自分の知っている株が組入れられていれば、株を選択するときと同じ感覚で選ぶこと
 ができる。
 最近、急成長をしている企業の株が組み入れられていれば、そのファンドを選ぶなど
 イメージが湧きやすい
フィデリティ・日本小型株・ファンドの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年05月21日

日興アクティブバリューの紹介

勝手にリスクレベル=>10
勝手にリターンレベル=>9
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として国内の株式を中心に分散投資するタイプです。
国内株式型と呼ばれることもあります。
国内株式型の投資信託の特徴は、
・日本国内の株式組入れ比率が高いため、日本国内市場のパフォーマンスと連動しやすい
・株式投資では、手を出しづらい小型株、すなわち、成長性は魅力でもリスクの高い
 株などに投資したい場合、リスクを抑えつつバランスよく買うことができる
・株式投資には少し抵抗のある方でも、リスクが抑えられているため、買いやすく、
 自分の知っている株が組入れられていれば、株を選択するときと同じ感覚で選ぶこと
 ができる。
 最近、急成長をしている企業の株が組み入れられていれば、そのファンドを選ぶなど
 イメージが湧きやすい
日興アクティブバリューの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年05月16日

ダイワ・バリュー株・オープン(愛称:底力)のご紹介

勝手にリスクレベル=>10(最低1,最大11)
勝手にリターンレベル=>9(最低1,最大10)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として国内の株式を中心に分散投資するタイプです。
国内株式型と呼ばれることもあります。
国内株式型の投資信託の特徴は、
・日本国内の株式組入れ比率が高いため、日本国内市場のパフォーマンスと連動しやすい
・株式投資では、手を出しづらい小型株、すなわち、成長性は魅力でもリスクの高い
 株などに投資したい場合、リスクを抑えつつバランスよく買うことができる
・株式投資には少し抵抗のある方でも、リスクが抑えられているため、買いやすく、
 自分の知っている株が組入れられていれば、株を選択するときと同じ感覚で選ぶこと
 ができる。
 最近、急成長をしている企業の株が組み入れられていれば、そのファンドを選ぶなど
 イメージが湧きやすい
ダイワ・バリュー株・オープン(愛称:底力)のご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年05月15日

ウォーバーグ・ピンカス・ジャパン・グロース・ファンドの紹介

タイトル:本文:
勝手にリスクレベル=>10(最低1,最大11)
勝手にリターンレベル=>9(最低1,最大10)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として国内の株式を中心に分散投資するタイプです。
国内株式型と呼ばれることもあります。
国内株式型の投資信託の特徴は、
・日本国内の株式組入れ比率が高いため、日本国内市場のパフォーマンスと連動しやすい
・株式投資では、手を出しづらい小型株、すなわち、成長性は魅力でもリスクの高い
 株などに投資したい場合、リスクを抑えつつバランスよく買うことができる
・株式投資には少し抵抗のある方でも、リスクが抑えられているため、買いやすく、
 自分の知っている株が組入れられていれば、株を選択するときと同じ感覚で選ぶこと
 ができる。
 最近、急成長をしている企業の株が組み入れられていれば、そのファンドを選ぶなど
 イメージが湧きやすい
ウォーバーグ・ピンカス・ジャパン・グロース・ファンドの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年05月14日

インベスコ店頭・成長株オープンの紹介

勝手にリスクレベル=>10(最低1,最大11)
勝手にリターンレベル=>9(最低1,最大10)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として国内の株式を中心に分散投資するタイプです。
国内株式型と呼ばれることもあります。
国内株式型の投資信託の特徴は、
・日本国内の株式組入れ比率が高いため、日本国内市場のパフォーマンスと連動しやすい
・株式投資では、手を出しづらい小型株、すなわち、成長性は魅力でもリスクの高い
 株などに投資したい場合、リスクを抑えつつバランスよく買うことができる
・株式投資には少し抵抗のある方でも、リスクが抑えられているため、買いやすく、
 自分の知っている株が組入れられていれば、株を選択するときと同じ感覚で選ぶこと
 ができる。
 最近、急成長をしている企業の株が組み入れられていれば、そのファンドを選ぶなど
 イメージが湧きやすい
インベスコ店頭・成長株オープンの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年05月13日

DKA株式オープンの紹介

勝手にリスクレベル=>10(最低1,最大11)
勝手にリターンレベル=>9(最低1,最大10)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として国内の株式を中心に分散投資するタイプです。
国内株式型と呼ばれることもあります。
国内株式型の投資信託の特徴は、
・日本国内の株式組入れ比率が高いため、日本国内市場のパフォーマンスと連動しやすい
・株式投資では、手を出しづらい小型株、すなわち、成長性は魅力でもリスクの高い
 株などに投資したい場合、リスクを抑えつつバランスよく買うことができる
・株式投資には少し抵抗のある方でも、リスクが抑えられているため、買いやすく、
 自分の知っている株が組入れられていれば、株を選択するときと同じ感覚で選ぶこと
 ができる。
 最近、急成長をしている企業の株が組み入れられていれば、そのファンドを選ぶなど
 イメージが湧きやすい
DKA株式オープンの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

2007年05月10日

日本トレンド・セレクト リバース・トレンド・オープンの紹介

勝手にリスクレベル=>8
勝手にリターンレベル=>11

派生商品を積極的に活用するファンドで、大きなリターンを狙うタイプです。
すなわち、リスクは大きく、値上がりを重視します。
レバレッジ(てこ)をかけて少額の投資資金で大きなリターンを期待させるファンド
もあります。
日本トレンド・セレクト リバース・トレンド・オープンの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年05月09日

日本トレンド・セレクト ハイパー・ウェイブの紹介

勝手にリスクレベル=>8
勝手にリターンレベル=>11

派生商品を積極的に活用するファンドで、大きなリターンを狙うタイプです。
すなわち、リスクは大きく、値上がりを重視します。
レバレッジ(てこ)をかけて少額の投資資金で大きなリターンを期待させるファンド
もあります。
続きを読む

スポンサードリンク

2007年05月08日

日本トレンド・セレクト 日本トレンド・マネーポートフォリオの紹介

勝手にリスクレベル=>8
勝手にリターンレベル=>11

派生商品を積極的に活用するファンドで、大きなリターンを狙うタイプです。
すなわち、リスクは大きく、値上がりを重視します。
レバレッジ(てこ)をかけて少額の投資資金で大きなリターンを期待させるファンド
もあります。

日本トレンド・セレクト 日本トレンド・マネーポートフォリオの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年05月07日

日本債券ベアの紹介

勝手にリスクレベル=>8
勝手にリターンレベル=>11

派生商品を積極的に活用するファンドで、大きなリターンを狙うタイプです。
すなわち、リスクは大きく、値上がりを重視します。
レバレッジ(てこ)をかけて少額の投資資金で大きなリターンを期待させるファンド
もあります。

日本債券ベアの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

住信 コモディティ・オープンの紹介

勝手にリスクレベル=>8
勝手にリターンレベル=>11

派生商品を積極的に活用するファンドで、大きなリターンを狙うタイプです。
すなわち、リスクは大きく、値上がりを重視します。
レバレッジ(てこ)をかけて少額の投資資金で大きなリターンを期待させるファンド
もあります。

住信 コモディティ・オープンの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年05月06日

中央三井日本株式インデックスファンドの紹介

勝手にリスクレベル=>7
勝手にリターンレベル=>8

リターン(値上がり)を重視するタイプです。
株式への投資に制限を設けていないため、リスクはやや高めです。指数(インデックス:
日経平均など市場の動向示す指標)に連動する運用成果を目指します。
このため、市場の動向と連動しているため、価格の変動の理由がわかりやすいのが特徴
です。投資初心者にも、理解しやすく、扱いやすいファンドが多いです。
銘柄選択のための情報収集や銘柄入れ替えがほとんどなく、運用コストが低いため、
手数料は低く抑えられています。
中央三井日本株式インデックスファンドの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 投資信託について

2007年05月05日

中央三井外国株式インデックスファンドの紹介

タイトル:
本文:
勝手にリスクレベル=>7
勝手にリターンレベル=>8

リターン(値上がり)を重視するタイプです。
株式への投資に制限を設けていないため、リスクはやや高めです。指数(インデックス:
日経平均など市場の動向示す指標)に連動する運用成果を目指します。
このため、市場の動向と連動しているため、価格の変動の理由がわかりやすいのが特徴
です。投資初心者にも、理解しやすく、扱いやすいファンドが多いです。
銘柄選択のための情報収集や銘柄入れ替えがほとんどなく、運用コストが低いため、
手数料は低く抑えられています。

中央三井外国株式インデックスファンドの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年05月04日

インデックスファンドTSPの紹介

勝手にリスクレベル=>7
勝手にリターンレベル=>8

リターン(値上がり)を重視するタイプです。
株式への投資に制限を設けていないため、リスクはやや高めです。指数(インデックス:
日経平均など市場の動向示す指標)に連動する運用成果を目指します。
このため、市場の動向と連動しているため、価格の変動の理由がわかりやすいのが特徴
です。投資初心者にも、理解しやすく、扱いやすいファンドが多いです。
銘柄選択のための情報収集や銘柄入れ替えがほとんどなく、運用コストが低いため、
手数料は低く抑えられています。
インデックスファンドTSPの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年05月02日

メリルリンチ・ワールド・ポンド・オープン(為替変動型)

リスク=>国内債権より大きいが投資信託としては、小さい部類
リターン=>国内債権より大きいが投資信託としては、小さい部類
タイプとしては、国際債権を投資対象とするファンドです。
安定性を重視したものが一般的で、ローリスク・ローリターンを狙ったものが多いのが
特徴です。信用度の低い社債を投資対象にするものもありますが、これには、
信用リスクが伴います。

メリルリンチ・ワールド・ポンド・オープン(為替変動型)の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年05月01日

インデックスファンド225(運用:三菱UFJ)の紹介

リスク=>やや高い
リターン=>やや高い

リターン(値上がり)を重視するタイプです。
株式への投資に制限を設けていないため、リスクはやや高めです。指数(インデックス:
日経平均など市場の動向示す指標)に連動する運用成果を目指します。
このため、市場の動向と連動しているため、価格の変動の理由がわかりやすいのが特徴
です。投資初心者にも、理解しやすく、扱いやすいファンドが多いです。
銘柄選択のための情報収集や銘柄入れ替えがほとんどなく、運用コストが低いため、
手数料は低く抑えられています。
インデックスファンド225(運用:三菱UFJ)の紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。