2007年06月30日

JPM・BRICS5・ファンド(愛称:ブリックス・ファイブ)の紹介

勝手にリスクレベル=>10
勝手にリターンレベル=>9
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国の株式を中心に分散投資するタイプです。
国際株式型と呼ばれることもあります。
国際株式型の投資信託の特徴は、
・投資対象が一定の国や地域に特化していないタイプのものは、地政学リスク(政治と地理的条件によるリスク
 戦争や大災害により、景気が悪化するリスク)が低いといえます。
・世界中の金鉱株に投資するファンド、世界中のマルチメディア銘柄に投資するファンドなど、テーマを
 持ったファンドを購入することができます。
・アジア・インドなど地域ごとに特化したファンドもあり、地域に特化したファンドを購入することが
 できます。
JPM・BRICS5・ファンド(愛称:ブリックス・ファイブ)の紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 17:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年06月29日

JFアジア株・アクティブ・オープンのご紹介

タイトル:本文:
勝手にリスクレベル=>11
勝手にリターンレベル=>8
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国の株式を中心に分散投資するタイプです。
国際株式型と呼ばれることもあります。
国際株式型の投資信託の特徴は、
・投資対象が一定の国や地域に特化していないタイプのものは、地政学リスク(政治と地理的条件によるリスク
 戦争や大災害により、景気が悪化するリスク)が低いといえます。
・世界中の金鉱株に投資するファンド、世界中のマルチメディア銘柄に投資するファンドなど、テーマを
 持ったファンドを購入することができます。
・アジア・インドなど地域ごとに特化したファンドもあり、地域に特化したファンドを購入することが
 できます。


JFアジア株・アクティブ・オープンのご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | 投資信託について

2007年06月28日

HSBCブラジルオープンのご紹介

勝手にリスクレベル=>11
勝手にリターンレベル=>8
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国の株式を中心に分散投資するタイプです。
国際株式型と呼ばれることもあります。
国際株式型の投資信託の特徴は、
・投資対象が一定の国や地域に特化していないタイプのものは、地政学リスク(政治と地理的条件によるリスク
 戦争や大災害により、景気が悪化するリスク)が低いといえます。
・世界中の金鉱株に投資するファンド、世界中のマルチメディア銘柄に投資するファンドなど、テーマを
 持ったファンドを購入することができます。
・アジア・インドなど地域ごとに特化したファンドもあり、地域に特化したファンドを購入することが
 できます。
HSBCブラジルオープンのご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 投資信託について

2007年06月26日

HSBCチャイナオープンの紹介

勝手にリスクレベル=>10
勝手にリターンレベル=>9
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国の株式を中心に分散投資するタイプです。
国際株式型と呼ばれることもあります。
国際株式型の投資信託の特徴は、
・投資対象が一定の国や地域に特化していないタイプのものは、地政学リスク(政治と地理的条件によるリスク
 戦争や大災害により、景気が悪化するリスク)が低いといえます。
・世界中の金鉱株に投資するファンド、世界中のマルチメディア銘柄に投資するファンドなど、テーマを
 持ったファンドを購入することができます。
・アジア・インドなど地域ごとに特化したファンドもあり、地域に特化したファンドを購入することが
 できます。
HSBCチャイナオープンの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 投資信託について

2007年06月25日

HSBC 新BRICs ファンドの紹介

勝手にリスクレベル=>10
勝手にリターンレベル=>9
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国の株式を中心に分散投資するタイプです。
国際株式型と呼ばれることもあります。
国際株式型の投資信託の特徴は、
・投資対象が一定の国や地域に特化していないタイプのものは、地政学リスク(政治と地理的条件によるリスク
 戦争や大災害により、景気が悪化するリスク)が低いといえます。
・世界中の金鉱株に投資するファンド、世界中のマルチメディア銘柄に投資するファンドなど、テーマを
 持ったファンドを購入することができます。
・アジア・インドなど地域ごとに特化したファンドもあり、地域に特化したファンドを購入することが
 できます。


HSBC 新BRICs ファンドの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(2) | 投資信託について

2007年06月21日

HSBCインドオープンのご紹介

勝手にリスクレベル=>11
勝手にリターンレベル=>8
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国の株式を中心に分散投資するタイプです。
国際株式型と呼ばれることもあります。
国際株式型の投資信託の特徴は、
・投資対象が一定の国や地域に特化していないタイプのものは、地政学リスク(政治と地理的条件によるリスク
 戦争や大災害により、景気が悪化するリスク)が低いといえます。
・世界中の金鉱株に投資するファンド、世界中のマルチメディア銘柄に投資するファンドなど、テーマを
 持ったファンドを購入することができます。
・アジア・インドなど地域ごとに特化したファンドもあり、地域に特化したファンドを購入することが
 できます。
HSBCインドオープンのご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 投資信託について

2007年06月20日

DIAM世界好配当株オープン(毎月決算コース)(愛称:世界配当倶楽部)のご紹介

勝手にリスクレベル=>11
勝手にリターンレベル=>8
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国の株式を中心に分散投資するタイプです。
国際株式型と呼ばれることもあります。
国際株式型の投資信託の特徴は、
・投資対象が一定の国や地域に特化していないタイプのものは、地政学リスク(政治と地理的条件によるリスク
 戦争や大災害により、景気が悪化するリスク)が低いといえます。
・世界中の金鉱株に投資するファンド、世界中のマルチメディア銘柄に投資するファンドなど、テーマを
 持ったファンドを購入することができます。
・アジア・インドなど地域ごとに特化したファンドもあり、地域に特化したファンドを購入することが
 できます。
DIAM世界好配当株オープン(毎月決算コース)(愛称:世界配当倶楽部)のご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年06月18日

ブラックロック日本小型株オープンの紹介

勝手にリスクレベル=>10
勝手にリターンレベル=>9
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として国内の株式を中心に分散投資するタイプです。
国内株式型と呼ばれることもあります。
国内株式型の投資信託の特徴は、
・日本国内の株式組入れ比率が高いため、日本国内市場のパフォーマンスと連動しやすい
・株式投資では、手を出しづらい小型株、すなわち、成長性は魅力でもリスクの高い
 株などに投資したい場合、リスクを抑えつつバランスよく買うことができる
・株式投資には少し抵抗のある方でも、リスクが抑えられているため、買いやすく、
 自分の知っている株が組入れられていれば、株を選択するときと同じ感覚で選ぶこと
 ができる。
 最近、急成長をしている企業の株が組み入れられていれば、そのファンドを選ぶなど
 イメージが湧きやすい
ブラックロック日本小型株オープンの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

2007年06月17日

三井住友・フォーカス・ジャパン・オープンの紹介

勝手にリスクレベル=>10
勝手にリターンレベル=>9
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として国内の株式を中心に分散投資するタイプです。
国内株式型と呼ばれることもあります。
国内株式型の投資信託の特徴は、
・日本国内の株式組入れ比率が高いため、日本国内市場のパフォーマンスと連動しやすい
・株式投資では、手を出しづらい小型株、すなわち、成長性は魅力でもリスクの高い
 株などに投資したい場合、リスクを抑えつつバランスよく買うことができる
・株式投資には少し抵抗のある方でも、リスクが抑えられているため、買いやすく、
 自分の知っている株が組入れられていれば、株を選択するときと同じ感覚で選ぶこと
 ができる。
 最近、急成長をしている企業の株が組み入れられていれば、そのファンドを選ぶなど
 イメージが湧きやすい

三井住友・フォーカス・ジャパン・オープンの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

2007年06月13日

三井住友・日本株オープンの紹介

勝手にリスクレベル=>10
勝手にリターンレベル=>9
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として国内の株式を中心に分散投資するタイプです。
国内株式型と呼ばれることもあります。
国内株式型の投資信託の特徴は、
・日本国内の株式組入れ比率が高いため、日本国内市場のパフォーマンスと連動しやすい
・株式投資では、手を出しづらい小型株、すなわち、成長性は魅力でもリスクの高い
 株などに投資したい場合、リスクを抑えつつバランスよく買うことができる
・株式投資には少し抵抗のある方でも、リスクが抑えられているため、買いやすく、
 自分の知っている株が組入れられていれば、株を選択するときと同じ感覚で選ぶこと
 ができる。
 最近、急成長をしている企業の株が組み入れられていれば、そのファンドを選ぶなど
 イメージが湧きやすい三井住友・日本株オープンの紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 投資信託について

2007年06月11日

フィデリティ・日本配当成長株・ファンド(分配重視型)のご紹介

フィデリティ・日本配当成長株・ファンド(分配重視型)のご紹介
本文:
勝手にリスクレベル=>10
勝手にリターンレベル=>9
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として国内の株式を中心に分散投資するタイプです。
国内株式型と呼ばれることもあります。
国内株式型の投資信託の特徴は、
・日本国内の株式組入れ比率が高いため、日本国内市場のパフォーマンスと連動しやすい
・株式投資では、手を出しづらい小型株、すなわち、成長性は魅力でもリスクの高い
 株などに投資したい場合、リスクを抑えつつバランスよく買うことができる
・株式投資には少し抵抗のある方でも、リスクが抑えられているため、買いやすく、
 自分の知っている株が組入れられていれば、株を選択するときと同じ感覚で選ぶこと
 ができる。
 最近、急成長をしている企業の株が組み入れられていれば、そのファンドを選ぶなど
 イメージが湧きやすい


フィデリティ・日本配当成長株・ファンド(分配重視型)の続きを読む

スポンサードリンク

2007年06月10日

フィデリティ・日本成長株・ファンドの紹介

勝手にリスクレベル=>10
勝手にリターンレベル=>9
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として国内の株式を中心に分散投資するタイプです。
国内株式型と呼ばれることもあります。
国内株式型の投資信託の特徴は、
・日本国内の株式組入れ比率が高いため、日本国内市場のパフォーマンスと連動しやすい
・株式投資では、手を出しづらい小型株、すなわち、成長性は魅力でもリスクの高い
 株などに投資したい場合、リスクを抑えつつバランスよく買うことができる
・株式投資には少し抵抗のある方でも、リスクが抑えられているため、買いやすく、
 自分の知っている株が組入れられていれば、株を選択するときと同じ感覚で選ぶこと
 ができる。
 最近、急成長をしている企業の株が組み入れられていれば、そのファンドを選ぶなど
 イメージが湧きやすい
続きを読む

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。