2007年08月25日

MONEYKit ベーシック(ユーロ)のご紹介

勝手にリスクレベル=>7
勝手にリターンレベル=>2
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

国際債権を投資対象とするファンドです。
安定性を重視したものが一般的で、ローリスク・ローリターンを狙ったものが多いのが
特徴です。信用度の低い社債を投資対象にするものもありますが、これには、
信用リスクが伴います。MONEYKit ベーシック(ユーロ)の続きを読む

スポンサードリンク

2007年08月19日

MONEYKit ベーシック(米ドル)のご紹介

勝手にリスクレベル=>7
勝手にリターンレベル=>2
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

国際債権を投資対象とするファンドです。
安定性を重視したものが一般的で、ローリスク・ローリターンを狙ったものが多いのが
特徴です。信用度の低い社債を投資対象にするものもありますが、これには、信用リスクが伴います。
MONEYKit ベーシック(米ドル)のご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

2007年08月13日

MONEYKitベーシック(円)のご紹介

勝手にリスクレベル=>1
勝手にリターンレベル=>1
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

国内債券に投資するファンドがあげられます。安全性を重視、リターンは少ないが
リスクもすくないのが特徴です。
国債を中心としていますので、国内金利が上昇すると
基準価格が下がるタイプ(債券ブル型)、
上昇すると基準価格が上がるタイプ(債券ベア型)などがあります。
MONEYKitベーシック(円)のご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

2007年08月08日

ブラックロック・ゴールド・ファンドのご紹介

勝手にリスクレベル=>10
勝手にリターンレベル=>8
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国の株式を中心に分散投資するタイプです。
国際株式型と呼ばれることもあります。
国際株式型の投資信託の特徴は、
・投資対象が一定の国や地域に特化していないタイプのものは、地政学リスク(政治と地理的条件によるリスク
 戦争や大災害により、景気が悪化するリスク)が低いといえます。
・世界中の金鉱株に投資するファンド、世界中のマルチメディア銘柄に投資するファンドなど、テーマを
 持ったファンドを購入することができます。
・アジア・インドなど地域ごとに特化したファンドもあり、地域に特化したファンドを購入することが
 できます。ブラックロック・ゴールド・ファンドのご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(2) | 投資信託について

2007年08月02日

ブラックロック・USベーシック・バリュー・オープのご紹介

勝手にリスクレベル=>11
勝手にリターンレベル=>8
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国の株式を中心に分散投資するタイプです。
国際株式型と呼ばれることもあります。
国際株式型の投資信託の特徴は、
・投資対象が一定の国や地域に特化していないタイプのものは、地政学リスク(政治と地理的条件によるリスク
 戦争や大災害により、景気が悪化するリスク)が低いといえます。
・世界中の金鉱株に投資するファンド、世界中のマルチメディア銘柄に投資するファンドなど、テーマを
 持ったファンドを購入することができます。
・アジア・インドなど地域ごとに特化したファンドもあり、地域に特化したファンドを購入することが
 できます。ブラックロック・USベーシック・バリュー・オープのご紹介の続きを読む

スポンサードリンク

posted by ken at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託について

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。