2007年06月30日

JPM・BRICS5・ファンド(愛称:ブリックス・ファイブ)の紹介

勝手にリスクレベル=>10
勝手にリターンレベル=>9
(リスクレベルは1〜11、リターンレベルは1〜10で評価しています)

株式組入限度70%以上のファンドで、主として外国の株式を中心に分散投資するタイプです。
国際株式型と呼ばれることもあります。
国際株式型の投資信託の特徴は、
・投資対象が一定の国や地域に特化していないタイプのものは、地政学リスク(政治と地理的条件によるリスク
 戦争や大災害により、景気が悪化するリスク)が低いといえます。
・世界中の金鉱株に投資するファンド、世界中のマルチメディア銘柄に投資するファンドなど、テーマを
 持ったファンドを購入することができます。
・アジア・インドなど地域ごとに特化したファンドもあり、地域に特化したファンドを購入することが
 できます。
【ファンド名】JPM・BRICS5・ファンド(愛称:ブリックス・ファイブ)
【特徴】
 ブラジル・ロシア・インド・中国・南アフリカ5カ国の株式におおむね均等に投資します。
 マザーファンドを通じて、主としてBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国および南アフリカ)の
 いずれかで上場または取引されている株式に投資します。
 株式への投資にあたっては、直接投資および預託証書(注1)を用いた投資を行います。
 基本資産配分はBRICS5ヶ国20%ずつとしますが、±10%の範囲内で
 基本資産比率の調整を行います。
 運用の指図に関する権限をJPモルガン・アセット・マネジメント(UK)リミテッドに
 委託します。
 原則として、為替ヘッジは行わないため、為替変動の影響を受けます。
 
【決算】原則1年に1回

【分配金実績】−


【買付単位】1万円以上1円単位

【信託財産留保額(解約時にかかる費用)】:0.5%


【取扱銀行及び販売手数料】
 ●新生銀行:販売手数料 3.15%


 注1:預託証書とは
 他国の会社の株式を海外でも流通させるために、その会社の株式を銀行等に預託
 (株式などの有価証券を預けること)して、その株式の替わりに海外で発行される
 証券のことをいいます。証券取引所等で株式と同様に取引されます。

スポンサードリンク

posted by ken at 17:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 投資信託について
この記事へのコメント
投資情報館: JPM・BRICS5・ファンド(愛称:ブリックス・ファイブ)の紹介
Posted by gucci 財布 アウトレット at 2013年07月21日 15:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。