2006年07月20日

預貯金その他の特徴

金利には、「固定金利」「変動金利」の2種衣類があります。
変動金利は、景気が良いと金利が上がり、悪いと下がります。
逆に、固定金利は、景気が悪いと有利であり、景気が良いと不利です。
将来的に考えると、現在の金利が低水準で、今後上がる可能性があると考えている人は、
普通預金もしくは、短期の定期預金を選択するのが良いでしょう。
現在の金利が高水準で、今後下がる可能性があると考えている人は、
長期の定期預金を選択するのが良いと考えられます。

スポンサードリンク

posted by ken at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 預貯金(概要)

2006年07月19日

預貯金の種類について

本日は、預貯金の種類について、ご説明します。

【種類】
 普通預金
  預けたお金を引き出すことに制限はありません。利息は変動する、変動金利(注1)です。

 定期預金
  定められた期日までの引き出しが原則不可となります。
  普通預金と比較して高い利息が付き、期間が長いほど高い利息が付きます。
  期日前の引出については、各銀行にて工夫がなされています。
  (一部引き出しO.Kとか期日を変更できるなど)

 当座預金
  当座預金とは、小切手手形が利用できる預金です。
  いつでも預け入れ、引き出しができる無利息預金で、
  その引き出しには銀行から交付された「小切手」を用います。
  運用には向きません。

スポンサードリンク

posted by ken at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 預貯金(概要)

2006年07月17日

預貯金のリスク、リターンについて

基本的に元本(注1)保証です。基本的といったのは、1000万円を超える部分
については、元本保証の対象外となります。
ここがリスクとなります。

銀行郵便局に対して、お金を預け、利息預金者の利益となります。
これがリターンとなります。
最近では、金融機関により利息も違います。
ジャパンネット銀行ソニー銀行イーバンク銀行などのネット銀行(注2)
では、他の金融機関よりも高い金利をつけているようです。


注1)元本:当初支払った「もとで」という意味で、
   金融商品の購入・投資に充てた資金の額のことです。
   元本保証とは、資金を運用した際に、この「もどで」は減らないことを言います。
   元本割れとは、この「もとで」が減ってしまうことです。

注2)ネット銀行
   正確には、ネット専用銀行のことを指しています。
   ネット専用銀行は、実店舗を持たないネット上のみで取引を行う銀行のことです。
   他の銀行もネット上で取引ができる銀行がありますが、
   これは、ネット専用銀行ではなく、実店舗でも取引ができ、
   なおかつ、ネット上でも取引ができるという点から、区別しています。


スポンサードリンク

posted by ken at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 預貯金(概要)

預貯金の概要について

まずは、投資というには少し意味合いが違うかもしれませんが、
りっぱな運用である「預貯金」について、説明いたします。

平成17年4月にはペイオフ(注1)解禁されていますので、まったくリスクがないか?
というとそうでもありません。
種類としては、大まかに、普通預金定期預金当座預金があります。
それぞれ特徴がありますので、説明するとともに、使い分けのヒントも解説していきます。
また、預金貯金の違いですが、銀行の場合が「預金」、郵便局の場合が「貯金
となります。
細かい部分では違いはあるものの、言葉の違いと考えてよいと思います。

注1)ペイオフ:金融機関が破綻したとき、その金融機関が加入している
   預金保険機構が、個々の預金者に一定金額(日本の現行法では1000万円)の
   預金およびその利息を保証する制度
   (逆を言うと、それを超える預金および利息は保証されない)。

スポンサードリンク

posted by ken at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 預貯金(概要)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。