2006年09月18日

ゼロ金利解除による株式投資の注意点

ゼロ金利政策=>景気回復=>株高と考え、株上昇を期待するのは、少し考えた方が
よいかもしれません。
企業の収益を考えると、金利が上昇することで企業の借金にかかる金利の負担は大きく
なります。そのため、収益の悪化が懸念されるます。
企業が借りたお金、つまり借金は、金利を支払って返済をしなければなりません。
借金が多い企業ほど、企業収益に与える負担は大きくなると予測できます。
ですから、銘柄を選ぶ際には、企業の借金にも今後は配慮していく必要があります。

スポンサードリンク

posted by ken at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資動向

2006年09月17日

ゼロ金利解除の不動産投資への影響について

不動産投資については現在、東京では地価が下げ止まる傾向が見られています。
場所にもよりますが、景気が今後回復すれば地価はどんどんあがってゆくことが
考えられます。
不動産に投資(購入)する場合には、自宅でも投資でも、多くの人がローンを
利用すると思います。
お金を預けているときは、金利が今後上昇することはありがたいことなのですが
お金を借りているときは、金利の上昇は痛いものです。
金利が上昇した場合には支払いが増えることになります。

自宅の購入をローンを利用して考えている場合には、長期固定型の住宅ローンを
利用し、金利が上昇しても支払っていくことが可能かを考えてみる必要があります。

不動産投資を考えている場合には、地価がいくら上昇しても金利も上昇しますので、
キャッシュフローが回る物件に投資していくことが重要だと思います。

スポンサードリンク

posted by ken at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資動向

2006年09月16日

ゼロ金利解除の預金、国債への影響

私たちが銀行へお金を預けたときには、利息がつきますよね。この利息を決めていいる
預金金利はゼロ金利政策が解除されれば、上昇します。
しかし、ここで、すこし考えなくてはなりません。

定期預金などは預ける期間が長いほど金利が高くなります。目先の金利に惑わされて、
1年よりも3年、3年よりも5年と預け入れ期間の長い金融商品を選びたくなるかも
しれません。
しかし、金利が今後上昇する可能性が高まっていますので、長期間金利を固定させて
しまうよりも、短期間の固定型、もしくは変動金利型の金融商品を選んだ方がよい
と考えられます。
国債で考えれば、変動型の個人向け国債
定期預金で考えれば、預け入れが短期間のもの
などがよいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

posted by ken at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資動向

2006年09月15日

ゼロ金利解除の投資への影響

最近良く聞く「ゼロ金利解除」って私たちにどのような影響を与えるのでしょうか?
このサイトを見ている方は、少なからず投資へ興味がある方だと思います。
投資への影響という観点で影響について確認して行きましょう。

最近では、景気が上向きという言葉をよく聞きますが、バブル崩壊後、不景気がずっと
続きました。企業には、つらい経済事情です。そのため、銀行が一般の企業にお金を
貸し出しやすくするために、銀行が日銀からお金を借りる時の金利(公定歩合)を
引き下げていきました。景気が回復しないため、この公定歩合を引き下げつづけて
いき、ついにゼロ金利にまで引き下げてしまったことをゼロ金利政策と呼んでいます。

ゼロ金利解除」とは、ゼロ金利政策の解除のこと。すなわち銀行が日銀からお金を
借りる時の金利(公定歩合)をゼロではなくす事を言います。

スポンサードリンク

posted by ken at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資動向

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。